チューニング・フォーク・セラピー®へようこそ


 

【 1.音での癒しって? 】

太古の昔から、人類は「音の持つ癒やしの力」を非常に尊重してきました。

どの伝統文化でも、病気平癒や治癒を担うシャーマンや呪術師は、音や言葉で儀式をします。日本の伝統でも「言霊」と言う考えが深く根付いていますし、チベットでは独特の声明やマントラで癒やしをもたらしました。 そして、古代ギリシャのピタゴラス学派の思想、それがじつは音叉のルーツになっています。

少なくとも紀元前3000年前には、実際に癒やしのために音を使う慣行儀礼があったことが明らかになっています。

紀元前500年ごろ、「ピタゴラスの定理」で有名なギリシャの数学者ピタゴラスは、同時に「音楽医学の父」と言われています。音が癒やしに根源的に関わるとして、音楽医学を組織的に学説としてまとめた最初の学者です。ご存知のように現在のドレミファの音階は、彼が生み出したものなのです。

 

じつに音叉セラピーの起源はここまでさかのぼります。

16世紀にはイタリアで、音と波動の人体への影響が複数の研究者によって解明され、17世紀にはドイツで18世にはイギリスで、研究が発展しました。

20世紀には、音叉と癒やしの関連について科学的検証が増加し飛躍的に研究が加速します。例えばフランスでは、トマティス博士が、聴覚障害者のために音叉を使い目覚しい効果を見せて政府から業績を称えられました。

アメリカでは整形外科医やオステオパシー医が、音叉を治療に使うのは当たり前ですし、ヨーロッパでは音叉ヒーリングに保険が使える国もあります。

 

じつは、私たちの身体は、それぞれの組織が独特の音を奏でています。私たちの身体も、全ての細胞が独特の波動を持っているのです。肝臓の周波数、腎臓の周波数、骨の周波数・・・

それはちょうど、オーケストラで、フルートやコントラバスなど様々な楽器が必要なのと同じです。

異なる音色が調和を生み出し、美しいハーモニーとなって交響曲を生み出します。

私たちの身体はそれと同じ、素晴らしいオーケストラなのです。心と身体の健全な状態は宇宙とつながった素晴らしい交響曲です。

 

ところが、その音のひとつが、例えば第一バイオリンが狂った奇妙な音で演奏したら全体のシンフォニーはぶち壊し。

 

人間の健康と病気も同じです。健康は素晴らしいハーモニー、病気や不調は調律されていない音色・・・

その音色を整えるのが、音叉セラピーの役割です。

ご存知のように、音は波動なので、波動が干渉しあって、相互に共鳴・同期化を起こすことが可能です。

 

そして、音叉の何よりも良いところは、最初から一定の周波数にきちんと調整されているので、具体的に対応することが可能なのです。

 

さらに、個人の経験や修行、いわゆるカンとコツに頼るのではなく、科学的に音叉の周波数の数値・規格が厳密に決まっているので、誰でもそれを使うことが出来るのです。

(重要:ただし、音叉セラピーは非常に強烈な効果をもたらすので、正しい知識と技術を身につけた上で、クライアントに施術をすることが必要です。)

 

【 2.音叉セラピーで期待される効果 】

アメリカで有名なコーネル大学付属病院のがん予防センター長のミッチェル・ゲイナー博士は

「音には生理機能の全てに働きかけそのアンバランスを調整する作用があるので、事実上、どんな症状や病気にも有効だと考えられる」

と、語っています。

しかも、音叉セラピーの素晴らしいところは、もちろん直接身体に作用しますが、それだけでなくて、感情レベル、精神レベル、霊性レベルなどに深く影響し、その人の内面を変容に導く力があることです。

 

調律されたような、不思議なすっきり感が、あなたのバランスを整え元気な笑顔輝く明日の一歩となるでしょう。

 

【 3.こんな方へ、音叉の癒しをオススメします 】

単なる肉体的な症状だけでなく、もっと深いところまで整えてくれるのが音叉セラピーです。

 

特に、感情面では目覚しい効果が期待できます。

同時に、振動は肉体的な問題にも働きかけ、「バランスを整える」ので、本当に様々な症状に対応しています。肉体的には東洋医学の経絡やツボなどにも影響を与えます。

 

また、病院に行ったけれど、検査しても原因がわからない。何だかだるい、調子が悪かったり疲労感が続くけれど、西洋医学では門前払いの方にも効果が期待されます。

・病院に行ったけれど、どうも治らない

・検査の結果がはっきりしない、医者は大丈夫と言うけれど、体調が悪い

 

エネルギーフィールド(いわゆるオーラ)に溜まった滞りをすっきり取り除き、全体のエネルギーの代謝と活性をもたらすことが出来るのです。

全体のバランスを整えることこそ、自然治癒力の第一歩です。

 

☆お勧めなのは、セラピストさんが既にされているセラピーと併用されることです。

エネルギーワークでも、ボディーワークでも、これまでの施術の効果をさらに深め、目覚しい効果をもたらすに違いありません。

 

【 4.音叉セラピーの実際 】 

一言で音叉セラピーといっても、ただ音叉を鳴らせばいいのではありません。

取り扱う音階で、対応するエネルギーフィールドの層がまったく異なってきます。

 

そうなると当然、期待される効果も変わってくることでしょう。音叉には非常に種類があります。1本だけを使うのか、複数で使うのか。ボディーチューナーセットを使うのか、惑星音叉を使うのか、ピタゴラス音階を使うのか、あるいは別のチューナーを使うか・・・その点の見極めが、音叉セラピストの腕の見せ所。

 

当方では、海外の複数の音叉セラピーの認定資格を取得し、欧米の研究論文を購読するなどを含めて、音叉の癒しの症例研究をしています。いくつもの手法の中から、一番クライアントさんに効果が高い音叉ヒーリングを提供するために、常に研鑽を積んでいます。

 

そしてその上で、講座としては、どなたにでも安心でなじみのあるピタゴラス音階のチューニング・フォーク・セラピー®をお教えすることに決めました。

 

 

【 5、音叉の実験&体験機会をふやしたい! 】

具体的な施術に関して言えば、やはり感情的なクリアリングに非常に効果を挙げています。

恋愛で傷つきボロボロとおっしゃっていたクライアントさんが、「生き返った!」と、笑顔でお帰りになったのはとても印象に残りました。 また、ペットに対しても施術の効果を挙げています。

さらに、チューニングフォークセラピー®ジャパンでは、もっと音叉やエネルギーヒーリングを身近に感じてもらいたいと、体験会も開催しています。こればかりは体験しないとわからないのです。また、機会があるたびにいろいろな音叉を実際に皆さんに鳴らして実験してもらっています。

そこでは面白くてビックリする体験がいっぱい。

例えば、

・クリスタルチューナーを鳴らしたら愚図っていた赤ちゃんがすやすや寝てしまった

・何だか暗くて滞っていた感じの部屋が、あっという間にすっきり明るく雰囲気の良い部屋になり、かなり浄化出来た

・長年の難聴が治った、頭痛が治った

・骨折や手術後の治癒回復が非常に早くなった

生理痛がひどく、鎮痛薬をいくら飲んでも辛くて苦しく寝ることもままならなかったが、音叉の施術を受けてから生理の日も出かけられるようになった

・いつもイライラして気の短い性格だったが、一度の施術で精神的に安定して、穏やかになったので会社のみんなに驚かれた

などなど。

ぜひもっと、音叉を身近にして下さい。

 

【段階的なカリキュラムの本格的音叉セラピー講座、開講!】

残念ながら、まだ日本の音叉セラピーは、赤ちゃん状態。生れたばかりです。

欧米諸国に比べれば非常に遅れています。

しかも、海外のホリスティック医学関連の文献を元に段階的に音叉ヒーリングを教える教育機関がほとんどありません。

でも、

ネットなどで購入し、自分勝手にクライアントに音叉ヒーリングをするのは、ある意味非常に危険です。

音叉は人間に与える影響が想像以上に大きいのです。

 

逆に言えば、 うまく使いこなせば、最高の素晴らしい癒やしの道具となります!

今後、世界の波動医学、ホリスティック医学の重要な位置を占める音叉セラピーを、繊細な感性の日本人にぜひ広げたい!

そう考え、本格的なチューニング・フォーク・セラピー®の窓口となりました。

初心者でも大丈夫なようにきちんと段階を踏んだカリキュラムで学べるように講座を開講予定です。

音叉セラピーの素晴らしさをぜひ知って下さいね♪